スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリップ / 角田光代

トリップ

トリップ / 角田光代
光文社 2004年2月発売





なんだろう?
この本は今までの角田さんの作品と比べると少し異質な感じがする
読み終わった後もモヤモヤ~っとした感じが続いてます
少し"普通"じゃない人達の危なっかしい感じが何ともいえない

"救い"がない感じ
どこまでいっても途切れることなく続くわっか
前の話の登場人物が後の話で微妙にリンクしてるせいか
いつまでたってもそこから抜け出せない、っていう感じがするの
ちょっと不気味
『百合と探偵』なんか実際にありそうだもの

私は心の内面を深く書き込んでる作品が好きなんだけど
途中でどれだけ苦しい展開になっても、最後に主人公や登場人物が救われていて欲しいんです
ハッピーエンドとまではいかなくても、出口が見つかって欲しいというか
救いが欲しいというか
映画もそう
『セブン』は二度とみたくないし『レオン』も切ないね
この本は救いがないんだよね
だから読み終わってもスッキリしない
なんらかの"結論"が欲しい人には向いてないかな?







テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

天使 or 悪魔
オススメ
カテゴリー
最近の記事
リンク
Ads by Google
オススメ part2
友近でおなじみ↓
DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】


ペットの健康に↓



安カワならココ↓
ムトウ


相互リンクの無料ツール↓



お試し期間アリ↓



格安ドメイン取得ならここ!↓



光もADSLも特別割引あります↓
価格.com ブロードバンド


最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。